カジノを合法化する統合型リゾート(IR)推進法案は2日午後、衆院内閣委員会で採決され、自民党、日本維新の会などの賛成多数で可決された。
カジノ解禁に慎重姿勢を示してきた公明党は、採決を容認する一方、賛否に関しては自主投票とした。
自民党は今国会での成立に向け、6日の衆院通過を目指す方針だ。
 

 公明党は2日午前の常任役員会で、カジノ法案への対応を協議し、委員会や本会議の採決では、党議拘束を外して自主投票とすることを決めた。
同党内には、ギャンブル依存症への懸念などから慎重論が根強いが、今国会での成立を急ぐ自民党との対立回避を優先した。
 

 公明党の井上義久幹事長はこの後の記者会見で、党内で意見集約に至らなかったことを明らかにすると同時に、「議員一人一人が地域の事情を踏まえて判断する」と説明した。
委員会採決では、佐藤茂樹氏が賛成し、角田秀穂、浜村進両氏は反対した。
本会議でも賛否が割れるとみられる。

 衆院内閣委は法案可決に続き、政府にギャンブル依存症対策の抜本的強化などを求める付帯決議を採択した。
 

 自民党は2日の衆院議院運営委員会理事会で、カジノ法案を6日の本会議で採決するよう提案。
民進、共産両党は反対した。自民党は同日の衆院通過を譲らない構えだ。
ただ、参院では民進党が内閣委員長ポストを握っており、会期内成立には流動的な面もある。
 

 自民と旧維新の党などが共同提出したカジノ法案は、カジノや国際会議場などの統合型リゾート施設の整備を推進する基本法。
政府に対し、法施行後1年以内をめどに、施設設置の詳細なルールなどを定めた実施法の整備を義務付けている。 

無題


日本はすでにギャンブル大国


 誰もが知っているラスベガス・・・カジノで有名です。

ラスベガスとは、街全体がカジノ街でエンターテイメントの象徴であり、住居地区はカジノで働く人達と、観光客の為の宿場だけと言っても過言ではありません。

そんなラスベガスの年間売上高は過去のピーク時で1兆800億円程度、全米のゲーミング業界全体で9兆23億円程度。



そんな誰もが知っているラスベガスの興行総売り上げを、このところ毎年更新している香港マカオカジノの年間総売上は、2011年の発表で2兆7000億円程度です。


日本の賭博業界はどうなのでしょうか?


日本と言えば、パチンコ業界がありますね。ヾ( ̄o ̄;)


では、パチンコ業界だけの数字を見てみましょう。φ(.. )

一時期は30兆円に届く勢いでしたが、その後下降線を描きながらも、未だに20兆円台をキープしています。

全世界一位じゃないのか?って話ですね。