最近の傾向である緩やかに円安トレンドが続き、瞬間的に円高トレンドが発生していたので、HIGHの一時的な反発を狙ってLowベットでエントリー。
10勝0敗で、∔440,000円でした。

ベット:50,000
ペイアウト:1.88(94,000)

ハイローオーストラリアの上手な使い方→https://highlow.work




〔マーケットアイ〕外為:ドル112円前半で足踏み

[東京 12日 ロイター] -

<14:14> ドル112円前半で足踏み、北海ブレント先物は1ドル超反発

ドルは112.19円付近。一時112.38円まで上値を伸ばしたが、現在は足踏み状態となっている。欧米時間に112円台を維持できるか注目される。

アジア時間の午前の取引では、米国の原油在庫が大幅に減少したことが材料視され、北海ブレント先物が前営業日の清算値から1ドル超上昇した。米原油先物は目下70.88ドル付近と前営業日比で0.5ドル程度上昇している。

米エネルギー情報局(EIA)が同日発表した在庫週報では、原油在庫が1260万バレル減と約2年ぶりの大幅な落ち込みを記録した。

前日の欧米市場では、米中貿易摩擦の激化で需要が打撃を受けるリスクが生じたほか、リビアの港湾再開のニュースを受けて供給増加の見方が広がり、米原油先物の清算値は3.73ドル安の1バレル=70.38ドル、北海ブレント先物は5.46ドル安の1バレル=73.40ドルと大幅安となった。

米原油先物について、「中長期的にみれば、65―70ドル程度が適正価格だと思われるが、政治的な材料や、需給についての思惑などが複雑に絡まり、不安定な値動きが続きそうだ」(商品アナリスト)との意見が出ていた。

  前日の外為市場では、原油価格の大幅安が新興国通貨売り、資源国通貨売りを誘発し、ドルが全面高となった。


スポンサードリンク