MT4のボリンジャーバンド、15分足と5分足をチェックし、ハイローオーストラリアHighLowで15分ベットします。
EURUSDで-2σに迫る下降トレンドが発生していたので、-2σまでは下がり続けると判断。
LOWにベットしました。

結果、10勝0敗! +88,000!
ベット:10,000円
ペイアウト:1.88(18,800円)

ハイローオーストラリアの使い方、口座開設方法⇒https://highlow.work
その他の検証動画⇒https://goo.gl/kyYJiC



英ポンド143円後半、「買ってはいけない通貨」との声も

<09:11> 英ポンド143円後半、「買ってはいけない通貨」との声も

英ポンド/円は143.62円付近。早朝につけた高値143.84円から下落している。

ドル/円は113.06円付近で小動き。月末の駆け込み的フローが注視されている

英ポンドについて市場では、英国が合意のないまま欧州連合(EU)を離脱する(ブレグジット)リスクがくすぶっていることや、メイ英首相の人気が低下していることなどを背景に、目下「買ってはいけない通貨」(国内金融機関)として認識されているとの声が聞かれる。

米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは30日、英国が合意のないブレグジットとなった場合、英経済が景気後退(リセッション)に陥る公算が高く、その期間は世界金融危機後の停滞と同じぐらいになるとの見方を示した。

S&Pのクレジットアナリスト、ポール・ウォーター氏は、英国とEUが離脱交渉で合意するのがベースシナリオとしながらも、「合意なしのリスクはかなり高まっている」と指摘した。 英ポンド/円は今年2月初旬に156.61円と高値をつけた後、基本的にダウントレンドにあり、8月半ばには139.88円と1年ぶり安値をつけた。「現在も8月の安値にさや寄せしているようだ」(外国銀)との意見がでている。

一方、英ポンド/ドルは前日、1.2697ドルまで下落し、8月16日以来、11週間ぶりの安値をつけた。

英国のハモンド財務省は29日に公表した秋期財政報告書(予算修正計画)で、政府がEUと離脱条件などで合意できれば、長らく掲げてきた財政緊縮策を終了させる方針を示している。


【ハイローオーストラリア公式サイト】




スポンサードリンク