週明け、前週末の米国株が急落したことを受け、強めの円高トレンドが発生していましたが、ボリンジャーバンドー2σに届いて勢いが弱くなり、若干、反転したところを円安エントリー。
その後、再び、トレンドに影響されると思い、円高エントリー。
両方ともうまくき、10勝0敗でした。

通貨ペア:USDJPY
ベット:10,000円
ペイアウト:1.88(18,800円)

ハイローオーストラリアの使い方、口座開設方法⇒http://qq1q.biz/Obkt
その他の検証動画⇒https://goo.gl/kyYJiC



ロイター通信
2018年12月10日 / 10:58 より 


アジア通貨動向(10日)=総じて軟調



[10日 ロイター] - 
    0142GMT(日本時間午前10時42分)現在のアジア新興国通貨の対米ドル相
場は以下の通り。
    
    *Previous dayは各通貨のオンショア市場引け値。ただし円とシンガポールドルは前
日NY市場引け値。
    
 Currency               Latest bid  Previous day  Pct Move
 Japan yen              112.320     112.72        +0.36
 Sing dlr               1.369       1.3696        +0.02
 Taiwan dlr             30.882      30.841        -0.13
 Korean won             1123.100    1119.8        -0.29
 Peso                   52.740      52.682        -0.11
 Rupiah                 14505.000   14465         -0.28
 Rupee                  70.800      70.80         +0.00
 Ringgit                4.165       4.164         -0.02
 Yuan                   6.885       6.8748        -0.15
                                                  
 Change so far in 2018                            
 Currency               Latest bid  End 2017      Pct Move
 Japan yen              112.320     112.67        +0.31
 Sing dlr               1.369       1.3373        -2.34
 Taiwan dlr             30.882      29.848        -3.35
 Korean won             1123.100    1070.50       -4.68
 Peso                   52.740      49.93         -5.33
 Rupiah                 14505.000   13565         -6.48
 Rupee                  70.800      63.87         -9.79
 Ringgit                4.165       4.0440        -2.91
 Yuan                   6.885       6.5069        -5.49

前場の日経平均は大幅反落、一時500円超安 米株急落でリスク回避

前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比487円45銭安の2万1191円23銭となり、大幅反落した。
前週末の米国株が急落したことを受けリスク回避ムードが強まった。
下げ幅は一時500円を超え、取引時間中としては10月30日以来、1カ月ぶりの安値水準を付けた。

騰落率は日経平均が前週末比2.25%安、TOPIXが同2.01%安となった。
東証1部の前場の売買代金は1兆0915億円。
セクター別では石油・石炭、鉱業を除く31業種が値下がりした。
下落率トップは空運で、サービス業、電気機器がこれに続いた。
TOPIXコア30を構成する大型株は全て値下がりした。


euroyen