201901


昨年末から米国の株式暴落をうけ、為替は極端な円高へ。
年明け、3日には、104円台に突入するなど、強いトレンドが続いています。
そこで、ドル円で順張り挑戦

通貨ペア:USDJPY
ベット:10,000円
ペイアウト:1.88


ハイローオーストラリアの使い方、口座開設方法⇒http://qq1q.biz/Obkt
その他の検証動画⇒https://goo.gl/kyYJiC



[東京 7日 ロイター]
午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の108
円前半。海外市場の流れを引き継ぐ形でドルが弱含みとなった一方、日経平均が上げ幅を
縮小したことなどで、円売りは一服。ドル/円はじり安となった。
    
    アジア時間早朝の取引で、ドルは108.79円まで上昇。104円台へ一気に急落
した3日の下げ幅をほぼ埋めた。しかし、ドルが売られ始めると次第に上値が重くなり、
午後には108.02円まで反落した。
    
    ドルは小幅ながら広範に下落した。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が4日
の討論会で「常に政策スタンスを大幅に変更する用意がある」と発言したことが手掛かり
。ユーロは朝方の1.13ドル後半から1.14ドル前半へ上昇した。
    
    パウエル議長の発言を受けて、市場では米利上げ観測の後退につれて「ドル安地合い
が強まりやすくなってきた」(FX関係者)との声が出ている。
    
    ゴールドマンサックスは5日付けのリポートで、ドル指数の売りを推奨した。目標は
93.0。現在は95.9付近を推移している。
    
    <豪ドルは円急騰前の水準上抜け、米中協議に期待>
    
    豪ドルは77円前半。底堅い動きで1日以来の高値を付けた。円が急騰した3日の下
げ幅をすでに埋め、上抜けた形だ。
    
    豪ドルは77円半ばで今年の取引が始まり、3日の円急騰局面で76円後半から71
円台まで5円近く急落。その後じりじりと切り返している。
    
    トランプ米大統領が6日、「中国との協議は非常に順調に進んでいる。彼らはディー
ル(取引)を望んでいると私は確信している」と発言したことも、豪ドル買いの手掛かり
として話題となっているという。
    
    米中はきょうからあすにかけて、次官級の通商協議を北京で開催する。