MT4のボリンジャーバンド、15分足と5分足をチェックし、ハイローオーストラリアHighLowで15分ベットします。

通貨ペア:USDJPY
ベット:10,000円
ペイアウト:1.88(18,800円)
結果、10勝0敗で+88,000円でした。

ハイローオーストラリアの使い方、口ahttp://qq1q.biz/Obkt
その他の検証動画⇒https://goo.gl/kyYJiC





日経平均・日足は「小陰線」、5日線と25日線がクロス

[東京 14日 ロイター] -    
    
日経平均・日足は「小陰線」。
終値は25日移動平均線(2万1295円76銭=14日)を割り込んだ。
5日移動平均線(2万1246円32銭=同)は25日線を上から下抜きデッドクロスを形成した。

弱気シグナルが点灯したことで、目先は上値の重さが意識されそうだ。

早期に12日高値(2万1568円48銭)を奪回できないと日柄、値幅での調整が長引くことが予想される。
当面の下値は11日と12日に空けたマド下限値(2万1145円94銭)がめどになる。

ドル111円半ば、中国小売売上高は他の指標と乖離との声

[東京 14日 ロイター] - ドルは111円半ばで底堅い。 スポット市場の人民元は1ドル=6.7137元付近。取引終盤で弱含んでいる。 中国国家統計局が発表した1―2月の中国小売売上高は、前年比8.2%増と、予想の8.1%を上回った。 しかし、金融市場では、きょうの小売データと他の指標との整合性が取れないとの意見が聞かれた。 中国汽車工業協会(CAAM)が11日に発表した2月の自動車販売台数は前年同月比13.8%減の148万台と8カ月連続で減少した。 1─2月は前年同期比14.9%減、1月は16%減だった。 自動車業界幹部は1─2月の販売は春節(旧正月)の祝日による影響を受けることが多いと指摘した。
春節前後は自動車の購入を控える傾向があるという。 また、中国税関総署が8日に発表した2月の貿易統計によると、ドル建て輸出は前年同月比20.7%減となり、2016年2月以来の大きさとなった。
輸入も3カ月連続で減少した。 「中国では消費の冷え込みを反映して、昨年末から自動車生産が2桁の落ち込みを見せている。さらに、春節の消費も弱かったことがデータで確認できる。こうした指標と1―2月の小売大幅増には相当の乖離がある」(国内エコノミスト)という。