MACDは“Moving Average Convergence Divergence Trading Method”の略で、2つの期間の移動平均の差を利用したトレンドフォロー型のテクニカル指標です。
 

2つの異なる移動平均線の差を使ってトレーディングに活用するのですが、差が拡がっている時はトレンドが発生、縮まっている時はトレンドが収束していると判断します。


MACDというテクニカル指標は、「MACD」と「シグナル」という2つの数値から構成されています。

「MACD」は短期のEMA(指数平滑移動平均)と長期のEMAの2本の移動平均線から求めます。


「MACD」=短期EMA-長期EMA


テクニカルの教科書では短期=12期間、長期=26期間を使うことが多いです。


次に、「シグナル」はこの「MACD」をさらに移動平均化したものです。


シグナル=「MACD」の単純移動平均線


こちらは単純平均を使っていることが多く、期間は9期間が一般的です。

一般的な売買サインはシンプルに「MACD」と「シグナル」のゴールデンクロス、デッドクロスが有効とされています。

つまり、MACDがシグナルを下から上へブレイクした時を“買いサイン”、その反対を“売りサイン”とするのです。

通常、「MACD」も「シグナル」もラインで表示されることが多いのですが、MT4に標準でインストールされているものは、「シグナル」が実線、「MACD」がヒストグラム(縦棒)で表示されているだけなので、エントリーのタイミングを見つけることが難しいのです。
 
今回ご紹介するMACD2は、「シグナル」と「MACD」がともに実線で表示され、その2本の線の差がヒストグラムで表示されるようになっておりこの2本の線を使って売り買いの判断を行うことが可能になりました。

 ★MACD 2 Colour HISTOGRAM.mq4

a3
 
 ヒストグラム(縦棒)がゼロより上の時は強気、下の時は弱気という判断が一目ででき、ヒストグラムがマイナス圏からプラス圏に移行する時に買い、逆の時に売りのエントリーという見方ができます。
 

MACDヒストグラムはMACDからシグナルを引いたものですので、ゼロはMACDとシグナルが同値、つまり2本のラインがクロスしていることを意味します。
 

そして、MACDヒストグラムがゼロを境に下から上へ突き抜ければ買いサイン、上から下へ突き抜ければ売りサインとし、MACDヒストグラムの傾きがトレンドの強も示します。