トレンド転換を敏感に察知するために、「平均足」を使います。
平均足は、ローソク足の実体部分の上辺・下辺に平均値を取り入れたもので、陽線や陰線が同じ色で連続して続きやすくなっています。

陽線⇒陰線、陰線⇒陽線に変わった所が、トレンド転換点になる可能性があり、ローソク足よりもトレンド転換に敏感に反応することができます。
 
f3

ボリンジャーバンドと平均足でトレード

トレンド発生時の順張り

f4

平均足が-3σにタッチした後に反転し、足の色が変わり、ボリバンのミドルラインを超えた赤丸の所がエントリーポイントです。

また、ボリバンのミドルラインが上向きになった所や、+2σを足の実体で超えた所でエントリーしても良いと思います。

決済ポイントは、足の色が変わった青丸の所です。

もしこの時に、ボリバンのミドルラインで反発していれば、まだ持っていても良い場面です。
平均足の色が変わり同時にミドルラインを実体で割り込むような時は決済しましょう。

粘る場合でも、足が陽線⇒陰線⇒陽線⇒陰線と短時間で変わるようになった時には、もうトレンドが弱くなっていますので、決済した方が良いと思います。

下降トレンドの時は、-2σを超えた時や-3σにタッチした時に、売りでエントリーします。
 
※ローソク足だとチャートに忠実に再現するが、平均足はもっと曖昧にその時その時の方向を示してくれるようなイメージ
 平均足の方がより慎重で負けにくく騙されにくいです。 
ただ、バイナリーオプションの場合は購入時点よりも高いか?低いか?なのでその「購入時点」のタイミングをつかむまでは慣れが必要です。