about_img

国内バイナリーオプション業者の取引にはいくつかの種類があります。
共通することは、定められている判定条件に一致すれば利益を得られて、一致しなかった場合には損失が発生するというごく単純なことです。

この判定方法にはいくつかの種類があり、一般的にな概念を用いれば、様々な商品が作られる可能性があります。
現在、最もメジャな-ものが「ハイ・アンド・ロー」です。
名前から分かるように、高くなるのか低くなるのかを予測する取引です。
基準レートよりも高くなるのか低くなるのかを予測するだけですから、割とわかりやすいでしょう。

2つめはレンジと呼ばれるタイプです。
レンジとは、「幅」という意味で、相場では「ボックス」、あるいは「保ち合い」と言われることもあります。
一定の幅から出るか出ないかを予測するタイプのものです。
ですから、基準となるレンジが指定されます。

たとえば、1ドルが120円から122円といった形でレンジが指定され、判定時にそのレンジに収まっているのか、それともレンジから外れているのかを予測します。

3つめはワンタッチと呼ばれるものです。
判定時刻までに、一度でも指定したレートに達するかどうかを判定します。
ですから、レートは現在のレートとは離れたレートが日筒指定されます。

現在、120円前後で推移している場合に、たとえば121円とレートが指定されます。
判定時刻までに、一度でも121円に達するか、それとも一度も達しないかを予測するわけです。

現在取引できるものはこの3つが主なものです。

ただ、3つとも取引できるところはあまり多くはありません。
ハイ・アンド・ローを取引できるところは多いですが、レンジとワンタッチを取引できるところはあまり多くはありません。
大手の会社がサービスを提供していますから、見つけられないと言うことはないでしょう。

国内バイナリーオプション業者の取引に適した時間

 国内バイナリーオプションの取引ができる時間帯は会社によって異なっていて、24時間取引の出来るところもあります。
ですから、時間の空いたときにちょっとだけ取引したいという人もいるはずです。

本業でバイナリーオプションの取引をしようと考える人はおそらくいないでしょうから、取引する時間を決めることは難しいかも知れません。
しかし、それでも取引する時間によって値動きが違うことは頭に入れておかなければならないでしょう。
現在の為替相場は、各国の金融政策の影響を受けやすいという特徴があります。

その中でも、もちろんですがアメリカの影響は最も大きいです。
このアメリカの金融政策に影響を与える要因が雇用です。
現在のFRBは、金融政策の目的を雇用の回復においています。
そのことはマーケットも分かっていますから、雇用情勢によって相場が動く状態になっているのです。

雇用情勢は毎月発表されます。
政府が発表するものとして雇用統計があります。
それ以外にも民間の業者が発表しているものとしてADP雇用統計があります。
これらの統計が発表されると、為替レートが動きやすい傾向があります。
発表が予測と大きくかけ離れていると、急騰、あるいは急落することがあります。
予測通りであればあまり変化はありません。

ここでレンジを使った戦略が考えられます。

事前予測はアナリストが行いますが、予測しやすいときと予測しにくいときとがあることは、相場のニュースを見ていれば分かるでしょう。
予測しやすいときには、バイナリーオプションのレンジで、レンジ内に収まる方へかけます。
予測しづらいような相場環境の時には、レンジの外へ出る方にかけます。
このようにすれば、比較的予測を当てやすいでしょう。

雇用統計以外にもGDPも為替レートに大きな影響を与えます。
発表される時刻をチェックして相場に挑むのは良い方法です。
アメリカではサマータイム制が導入されていますから、この点にも注意しなければなりません。

分散投資でバイナリーオプションを攻略

 バイナリーオプションを攻略するための手段の一つとして分散投資があります。
分散投資とは、一つの対象に投資をするだけではなく、複数に投資することを指します。

もう少し具体的に見ていきましょう。

例えば、ファンダメンタルズを分析した結果、ドルが上昇するという予測が成り立ったとしましょう。
ドルが上昇すると予測したとしても、ドル円ロングだけにかけるのはリスクが高くなりすぎです。
日本の要因によって円が高くなると、相対的にドルは弱くなり、ドル円が下げる可能性があります。
かと言って、ユーロドルショートにしたとしても同じです。
ユーロが強くなると相対的にドルが弱くなりますから、ドル円が下げる可能性があるのです。

このようなときには、バイナリーオプションの攻略として両方を組み合わせるとリスク分散になります。
ドルが高くなった時にはドルを買うわけですが、売る通貨を分散すると良いのです。
具体的にはドル円ロング、ユーロドルショート、ポンドドルショート、豪ドル米ドルショートなどを組み合わせていきます。
この場合、4つに分散しましたから、同じ金額を投資すればそれぞれの影響は25%です。
仮に円の要因で相対的にドルが高くなったとしても、ユーロやポンド、豪ドルで75%を占めますから、トータルでは利益が発生する可能性が高くなります。

短期売買でいろいろな通貨ペアを扱うと、それぞれの通貨ペアに対する分析を行わなければなりませんから、かなり大変なことだといえるでしょう。

しかし、それによってリスクを分散できるというメリットは大きいです。
未来を予測できる人ならリスクを考えなくても良いですから、それができる人はいないでしょう。
ですから、バイナリーオプションを攻略するためには、将来に起こりえるリスクをできるだけ小さくすることは大事なことです。
そのためには、リスク分散は重要ですが、リスク分散のためには通貨ペアの分散がもっとも効果的です。

バイナリーオプション取引前にデモトレードを 

 バイナリーオプション以外でもそうですが、実際に自分のお金を使って取引をする場合、最初にデモトレードを利用すると良いでしょう。
様々ある金融商品ですが、トレーダーに合っているものと合っていないものがあるためです。
得意な取引で成功したほうが上手に資金を増やすことができます。
また、同じバイナリーオプションでも業者によっては取引画面が大きく違っているものもあります。
ツールの使い方に慣れるためにも、デモトレードは有益なものとなります。

バイナリーオプション業者は国内と海外でプラットフォームの仕組みが違っています。
国内業者の多くは自社開発しているツールを公開しているため、他社にはないような機能を提供できる反面、慣れないとうまくトレードできないこともあります。

海外の業者はツールを開発している業者のプラットフォームを利用しています。海外の業者のプラットフォームの数はそこまで多くありません。
MarketPulse、Spotoption、Techfinancials、TradeLogicなどがあります。
たくさん業者はあっても見た目が似たような業者が多いのはそういった理由にあります。

1つのプラットフォームの使い方に慣れたら、他社の同じプラットフォームを利用している会社でも感覚的にすぐに取引を始められます。
海外の場合は無料ですぐにデモ口座を作ることが出来るため、国内のようにデモ口座を作るためだけに数日待つようなことはありません。
国内で取引を始める前に、海外のデモ口座を利用してみるという手段もあります。
為替相場や市場は常に変化しているため、入出金関係や口座の開設関係のスピードは非常に大切です。

ゆっくりしていると取引チャンスを逃してしまうこともあります。
海外で取引をする場合、規制当局の監督下にあるような正規の業者を利用したほうがトラブルが少なく良いでしょう。